姓名判断や手相も占いの一種です。まずはその仕組みについて説明します。姓名判断は人や会社の名前の画数から運勢を見る占い方法です。

天使のイメージ

画数から占うといっても難しく考える必要はありません。名前はあなたの身体の一つなのです。存在の大きさでいえば脳や心臓と同じくらい大切なものです。

自己紹介のときには名前は必ず必須になりますし、免許書などの証明書にも名前は必ず印字されます。あなたの名前は一生ついて回る存在なのです。

名前はあなたの身体の一つとして機能し、あなたの運勢を左右する存在なのです。ですから名前を占う方法は運勢を見る占いの一種と考えていいのです。

名前の画数であなたの今後の人生の展開を見ることが大切になっていくのです。あなたの人生がどんな展開になるための地図だと知っておきましょう。

手相も占いの一種です。手の形やシワ、手のひらにある線などから、その人の運勢や才能を見る方法をいいます。運勢のほかにも健康状態も判断することができます。

手の形は一生同じではないです。生まれたばかりの赤ちゃんは細かい線が手にありません。徐々に成長して手の形やシワや線を形成していくのです。

この流れは運命や才能と同じです。手相占いとは、こういった日々変化していく手の状態から今後の運勢を見ていく方法なのです。

プロの占い師から見ると手の形やシワから多くの情報を取り出すことができます。その人がもっている才能から運勢、未来などいろいろな情報や視点を見ることができるのです。

これは霊感や透視のような第六感的な才能は必要ないので、勉強すれば誰でも鑑定することができます。もちろん、プロの占い師に見てもらうのが一番ですが、あなたも占いに興味をもったら誰でもスタートできる手から見る占いからスタートしてはどうでしょうか。